一年生 彫刻デッサンA(石膏取り)

一年生は老人の首の石膏取りがいよいよスタートです!
奈良先生が石膏について詳しく説明して下さいました◎
今回はその一部分のご紹介です101.png
c0222406_11142159.jpg
早速石膏取りを始めたいところですが、いくつか事前準備をしなくてなりません。
まず、石膏がアングルに引っかからないよう、あらかじめ粘土を巻いておきます。



c0222406_11151547.jpg
回転機に石膏が掛からないよう、足元はしっかりと養生。



c0222406_11181697.jpg
朱墨で線を引き、切金を刺して行きます。


c0222406_11181333.jpg
抜け勾配の角度で切金を刺さないと
蓋が上手く外せないので、とても重要な行程です。


c0222406_11224707.jpg
切金を刺し終えたら、いよいよ石膏の一層目をかけていきます!
奈良先生、簡単にふりかけているように見えますが、これもなかなかコツがいります、、



c0222406_11240994.jpg
慣れるまで時間がかかりますが、ひとつひとつの行程を丁寧にこなしていくことで、
粘土で作った形をより忠実に再現でき、仕上がりもきれいになります。
入学してすぐに実施された石材デザイン(トウフ)の授業と一緒ですね◎

一週間という短い間ですが、最後まで気を抜かずに頑張りましょう136.png

菅原



[PR]
by zokei-chokoku | 2018-10-31 11:39 | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku