第2回20分首像

12月8日に第2回20分首像が行われました。

c0222406_09194614.png

今回参加して下さった作家さんは
児玉士洋 千葉和成 舟越桂 三木俊治 (五十音順)
です。
今回のモデルは助手の長野真紀子,院1年生の中山竜輔君です。
児玉先生は実に30数年振りに粘土を触ったそうです。普段は金属で作品を作られていますが、粘土で首を作っても普段の作品制作に対する姿勢が感じられます。
また、前々回のブログで紹介しました千葉さんはカッター等、普段の授業では使わないような道具を使用して制作しており、見に来た学生も興味深そうでした。
今回は引きの動画の他に主に三木先生の粘土のアップを撮影した動画もありますので、お楽しみ下さい。
また三木先生のモデルは 動画三木先生1を助手の土屋祐二 動画三木先生2を小池憲一郎が務めました。



    動画視聴は下記をClick!


[PR]
by zokei-chokoku | 2018-02-15 09:20 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku