<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オープンキャンパス2016

現在開催中のオープンキャンパスのイベントのお知らせです。


c0222406_11145653.jpg



「人物デッサン教室」

客員教授の舟越桂先生と、解剖学講師の阿久津裕彦先生によるデッサン教室です。

13:00よりおよそ2時間、実際の人物モデルをデッサンし、講評会を行います。

予約不要、途中参加可能です!!




c0222406_11195226.jpg



「真鍮も熱いうちに曲げよう!」

金工講師の山崎哲郎先生による、金属加工ワークショップです。

普段は曲げる事の難しい金属も、特殊な道具をつかえば形を思いのままに?!

所要時間およそ3分で、真鍮の曲げ加工が体験出来ます。

(先着30名です)




c0222406_11362081.png


「石彫体験 大理石を彫る」

有名なミロのヴィーナスやミケランジェロの彫刻も、「大理石」と呼ばれる白く美しい石から作られています。

その大理石を、チッパーとよばれる電動工具で彫ってみませんか?

石彫の井田勝己先生や担当の学生が彫り方をわかりやすく説明してくれます。


「課題展示」

在学生・卒業生の課題作品や使用する道具類などを、
授業風景のスライドとともに展示しております。
会場は2年生の木彫の授業アトリエ。
実際の授業の雰囲気も味わえます◎


「進路相談」

東京造形大学彫刻専攻の受験を考えている高校生を対象に、受験内容や対策、入学後・卒業後の相談会を開催しております。
本学の専任の教員が控えております。
「受験ではどんな準備が必要?」
「デッサンを見てほしい!」「入学後はどんなことをするの?」
「卒業した後はみんなどうしているの?」などなど、
受験のことだけでなく、美大について普段聞けない事など、
懇切丁寧に対応いたします。


みなさま、ぜひぜひ足をお運び下さい。
スタッフ一同、心からお待ちしております!!



土屋
[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-17 11:38 | Comments(0)

2016年度オープンキャンパスのお知らせ!

        こんにちは
今日と明日オープンキャンパスのTEACHING STAFEとして頑張るにゃー?
c0222406_121654.jpg


今年も始まりました
オープンキャンパス
c0222406_1244293.jpg

ワークッショップを各専攻ごとに行っております
c0222406_13215145.jpg

c0222406_13221446.jpg

彫刻専攻タイムテーブル
c0222406_14341798.jpg




木彫チェーンソー体験
c0222406_13315218.jpg

体験者にはお守りさし上げておりますやったーぃ
c0222406_13335993.jpg




石彫体験
グラインダーの使用方法の説明
c0222406_13372589.jpg




金属加工体験
c0222406_13402819.jpg

コチラは旋盤
c0222406_1341388.jpg


塑造体験
マンズ−『ソニアの首』を直接触りながら模刻します
c0222406_1414915.jpg
c0222406_13583771.jpg
c0222406_13582131.jpg

とても、とてーも!貴重な体験です!
マンズー缶バッチもプレゼントしてます


明日は舟越桂先生による人物デッサン教室があります
11号館S-3  13:00〜16:30まで

是非ご参加下さい!!
[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-16 14:34 | お知らせ | Comments(0)

大掃除川柳

今日も朝からゴロゴロしてます
c0222406_10344994.jpg


そろそろ夏休み、
その前に、、一句。

c0222406_10562126.jpg

c0222406_1121078.jpg
c0222406_1039010.jpg
c0222406_10383637.jpg
c0222406_1038157.jpg
c0222406_10374999.jpg
c0222406_10371972.jpg

c0222406_10392165.jpg
c0222406_1037048.jpg


ん〜巨匠も交えた貴重な一句でした〜
毎日少しずつお片付けしましょう

 

                            まきこ
[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-11 11:05 | お知らせ | Comments(0)

Anonymous Paintings

本日はいつもと少し趣向を変えまして

絵画専攻助手 野内俊輔くんの展示お知らせです*

普段から制作の相談や意見交換をしたりする野内くん。
今回は個展という事で非常に楽しみです。
「絵画」や「支持体」というものの文脈を利用した作品郡は、単なる平面作品ではなくボーダレスに観る人を楽しませてくれます。
絵画とは何か、彫刻とは何か
新たな気付きに繋がる発見があるかもしれません。
是非是非足をお運び下さい◎

taro
c0222406_14475238.jpeg
c0222406_14475214.jpeg


Anonymous Paintings

野内俊輔 Nouchi SHUNSUKE

2016年7月2日(土) - 8月6日(土)

アルマスギャラリーでは7月2日から8月6日まで、野内俊輔の個展を開催いたします。

野内俊輔の制作において、自身と異なる時間を経た素材が重要な要素となっています。
古い家具などを破壊したものを、セロテープなどの仮設的な素材により補修した彫刻や、
古材に何層もの精巧な塗装を施すことにより、素材固有の経年変化を隠蔽し、
劣化した箇所と真新しい塗装面が共存する絵画的作品など、
常に破壊や補修、塗装による隠蔽を行き来する制作を行ってきました。

今展では、無名の絵画を入手し、その画面に塗装を幾層も繰り返した上で、
形成された塗装面を剥がした作品が提示されます。これまでの既存の画面を塗膜で隠蔽することに、
剥がすという行為を加える事により、古い絵具の層は新しい塗膜と共にはぎ取られ、
作者にも全く予想のつかない画面が生成されます。
キャンバスから根こそぎはぎ取られた部分、下書きが露出した部分、真新しい塗装面が残った部分が
一つのキャンバス上に共存し、地と図の区別も失い傷を負いながらも荒涼とした美しさをたたえています。

また、無名の絵画のシリーズにくわえ、木製のパネルに塗装を施した作品も展示予定です。
これらの作品もまた、固有の質感を塗装によって更新された状態が提示されます。

野内俊輔の初個展となる今展、ぜひお出かけください。

日時:2016年7月2日(土)-8月6日(土) 12:00-19:00 金土日のみオープン
opening reception 7月2日(土)18:00-20:00
場所:HARMAS GALLERY 


野内俊輔 Shunsuke NOUCHI

1988 福島県生まれ
2014 東京造形大学大学院美術研究領域修了

[個展]
2016 
Anonymous Paintings / HARMAS GALLERY /東京

[グループ展]
2016
「SICF17」spiral (東京)

2015
rgb+ exhibition vol.7 / 東京造形大学 ZOKEI-gallery (東京)
会津・漆の芸術祭2015 / 旧黒河内医院 (会津若松市/福島)
中之条ビエンナーレ2015 / 第三倉庫 (吾妻郡中之条町四万/群馬)
Raw-Structurez / HARMAS GALLERY (東京)
第一回 助手展 / 東京造形大学附属マンズー美術館 (東京)

2014
rgb+ exhibition vol.6 / 東京造形大学 ZOKEI-gallery (東京)
Flourish switch / mime (東京)
別名で保存する。 / HIGURE 17-15 cas comtemporary art studio (東京)
東京造形大学卒業研究・制作展 『ZOKEI 展 / 」東京造形大学 (東京)

2012
WALL FLOOR WINDOW / 東京造形大学 CS-gallery (東京)
福島現代美術ビエンナーレ 2012『SORA』 / 福島空港ビル (福島)
アートプログラム青梅 2012 ‒地への一雫‒ / 青梅市内 (東京)
Abflug2012 ‐創造の揚力‐ / TURNER GALLERY (東京)
東京造形大学卒業研究・制作展 『ZOKEI 展』 / 東京造形大学 (東京)

2011
union changing + / カヤバ珈琲 (東京)
アイムアダイバー / KOSHIKI ART EXHIBITION 2011 (甑島/鹿児島)

2010
camaboco / 東京造形大学旧絵画棟 (東京)
unknown / SPACE/ANNEX (東京)

2009
WONDER SEED2009 / トーキョーワンダーサイト渋谷 (東京)


[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-09 15:07 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

醜美ノ記憶

彫刻専攻卒業の足立篤史さんの個展が開催します!

写真の作品は新聞紙を用いた戦艦です。
凄い!!
c0222406_14301164.jpeg
c0222406_14301103.jpeg


logo-M.jpg
10pixel.gif〒101-0031
10pixel.gif東京都千代田区東神田1-11-7 東神田M.Kビル1F
10pixel.gifM.K Bldg 1F, 1-11-7 Higashikanda
10pixel.gifChiyoda-ku Tokyo Zip#101-0031
10pixel.gifTEL +81-3-5829-8735/FAX +81-3-5833-3927
10pixel.gife-mail lowerakihabara.mk@nifty.com
10pixel.gifweb www.lowerakihabara.com

■会期 / Date
2016年7月16日(土)- 7月30日(土)
July.16 [Sat] - 30 [Sat], 2016

★オープニングレセプション / Opening Reception
7月16日(土)18:00-20:00
July.16 [Sat] 18:00-20:00

■時間 / Open
11:00-18:30

■休廊 / Closed
日月 休廊
Closed on Sun and Mon
..............................................................................................................................
png50pixel.png
この度、LOWER AKIHABARA.では、足立篤史の個展を開催いたします。

記憶を記録すること。

足立は主に古い新聞記事を素材に、人間が通った道に刻まれた、腐敗しかけた遠い昔の記憶の中にあるモノを具現化します。

すでにこの世にはない戦艦や軍用機といった個体の細部を資料から起こすことで技術者の心を読み解き、モチーフと同時代に書かれた新聞資料を集めることでその時代に生きる価値観に触れ、さらに歴史的背景や形跡を知ることで刻まれた存在の記憶をたどり、一つの作品が生まれます。

是非ご高覧ください。

[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-09 14:31 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

モデルを作る

2年生木彫の授業に舟越桂先生と冨井大裕先生登場!

豪華ですね、、、


c0222406_17040503.jpg
c0222406_17044840.jpg

更に
今回は舟越先生が30年程前に制作を途中でストップしたという秘蔵の未完成作品を学生の参考にと持って来て下さいました
c0222406_17071705.jpg

サプライズ作品登場に学生も教員もボルテージMAXです

舟越先生はモデルをつかった彫刻作品を数多く制作されており、
今回持って来て下さった作品にもモデルさんがいたそうです。
イギリスに滞在していた時、街のカフェにでたまたま見かけた紳士にどうしてもモデルになって欲しいと思い、
ドキドキしながら話しかけたという体験談を語って下さいました。
この作品は、後に別の材を用いて完成させたそうです。

作品制作についての「作家の言葉」を聞く貴重な機会になりました*
舟越先生、冨井先生ありがとうございました◎
c0222406_17201672.jpg






そんな舟越先生
7月にグループ展に参加されます

現在展示に向けて新作を手がけているそうです!
非常に楽しみですね*
c0222406_17230911.jpeg
c0222406_17232838.jpeg

東京都美術館開館90周年記念展
木々との対話

2016年7月26日(火)~10月2日(日)
ギャラリーA・B・C
月曜日休館 ※ただし、9月19日(月・祝)は開室
9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500


「再生」をキーワードに、永遠と瞬間、生と死というアンビバレントな要素を複雑に包含する作品で構成する展覧会です。木の素材を活かした大規模なインスタレーションや彫刻により、現代日本を代表する作家たちの世界を体感していただくものです。
出品作家:國安孝昌、須田悦弘、田窪恭治、土屋仁応、舟越桂





[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-08 17:34 | 授業紹介 | Comments(0)

ー | (plus) 展

展覧会のお知らせです*

造形大彫刻専攻の院生・卒業生が、麻布十番でグループ展を開催中です。

c0222406_14070600.jpeg


| (plus) 展

本展のテーマ 「 -I plus 」 は人や空間の交わりを表している 。 この春に大学を卒業し社会人になっても制作を続ける作家 。 大学院に進み就職活動をしているが制作を続けていこうとしている 作家。社会に出てなかなか制作のできない日々で 悩みながら も作ることをやめられない作家 o 子育てをし自分もまだまだ 続けていることを証明したい作家 。 少しずつ年代と環境が違う作家 が集められた 。それは展示で出会う新たな横へのつながりになる地平 = 「 – 」 。 作家たちの年代環境が1つ空間でつながる縦の線 = 「1」交わること で 「 plus 」 となる出会いをこの展示でつくり出したいと考える 。

【出品作家
市川さくら (東京造形大学 第46期)
齋藤みなみ (東京造形大学 第47期)
野上零大 (東京造形大学 第40期
三浦彩 (東京造形大学 第43期

【日時】
2016年7月6日(水)から7月11日(月)まで
11時から19時まで
※最終日は17時まで
入場無料
レセプションパーティー 7月9日(土)17時から

【会場】



是非ご覧下さい*



しおの・つちや

[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-08 14:17 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

2年生の工芸理論B紹介

じめじめした季節ですね〜
ニャン太は新しい寝床を見つけました
c0222406_11355175.jpg


2年生は若者の首を木彫と石彫のコースにわかれ制作します





木彫コース

c0222406_12523859.jpg

デッサンを重ね、これから粗彫り
c0222406_1303668.jpg

そしてまたデッサン、。*
形のイメージを徐々に整えていきます。
c0222406_12582215.jpg





石彫コース

手を入れる前、それぞれの制作をふりかえります*
c0222406_138930.jpg

正面と後頭部のつながりをみてまわり込みの形を意識すること
c0222406_139266.jpg

c0222406_13114493.jpg


どんな首が出来上がるか楽しみです


                                               まきこ
[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-05 14:34 | 授業紹介 | Comments(0)

再発見!ニッポンの立体

お知らせです*

群馬県立館林美術館にて開催する『再発見!ニッポンの立体』に、、、

本学准教授の保井智貴先生と
卒業生の棚田康司さんが出展されます。
専用webサイトには掲載されておりませんが、様々なアーティストが参加するそうです。

夏休みの思い出に
館林へGOー!!

c0222406_14461946.jpg

c0222406_14462950.jpg

会期2016年7月16日(土)-9月19日(月・祝)
時間午前9時30分-午後5時 ※入館は閉館30分前まで
休館日毎週月曜日(ただし7月18日、8月15日、9月19日は開館、7月19日(火)は休館)
観覧料一般610円(480円)、大高生300円(240円) ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。

[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-02 14:52 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)