「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

五美大展ギャラリーツアー☆レポート

五美大展の会期も折り返し地点に差し掛かり、残す所あと五日となりました。
今日は2月22日に行われたギャラリーツアー1回目の様子をレポートしたいと思います。

朝、しとしと降っていた雨もやみ、お客さんもだんだん増えてきた午後1時30分頃。
造形大の控え室ではその日行われるギャラリーツアーの打ち合わせが行われておりました。

c0222406_18463506.jpg
ツアー参加学生と先生、教務の濱井さん。
普段の講評会とは違い、大勢の一般のお客さんの前で作品について話しをするという事で、その内容や説明の仕方などを話し合っています。
学生達も緊張の面持ちで打ち合わせをしている中、母袋先生は近藤先生の大きく頼りがいのある声が、下で開催中のルーブル美術館展まで聞こえてしまうのではないかとしきりに心配しています。


そうこうしているうちにギャラリーツアー開始間近に迫ってきました。
みんなで会場に移動です。
c0222406_19021440.jpg


「これより造形大学ギャラリーツアーを開催いたしまーす☆」
c0222406_18573078.jpg


普段聞けない絵画科の学生さんの解説を聞きに、彫刻の学生達も駆けつけてきました◎
c0222406_19060721.jpg





いよいよギャラリーツアー開始です!
まずは先生方からご挨拶です。
c0222406_19073261.jpg
近藤先生
やはりマイクが無くても絶好調です

保井先生
声張って〜



まずは絵画の学生さんから回ってゆきます。
c0222406_19133670.jpg
作品制作の動機や技法の事など、わかりやすく丁寧に解説してくれました。
c0222406_19151760.jpg
作者の話しを聞いた後に作品を見返すと、それまでとはまた違った風景が見えてくるものです。
お客さんも興味津々です。



ツアー終盤
ついに彫刻科の出番です。
c0222406_19215200.jpg

普段はクールな仁平君、作品制作の出発点となるドローイングを持参して、熱心に解説をしてくれました◎
c0222406_19242105.jpg



市川さん
以前制作した作品からどのように発展してこのような形になったのか。
作品と空間、設置される場所やシチュエーションについての想いや構想を解説してくれました☆
c0222406_19310919.jpg




今回、初めての試みにも関わらず沢山の方のご参加頂き誠にありがとうございました。

美術作品は、作者の想いや制作行程などを知る事でより深く作品について理解できる特性があると思います。
この機会に、3月1日の第2回ギャラリーツアーにも是非ご参加下さい。

ツアー以外の日にも、会場には必ず出品学生がおりますので、作品の事や技法の事、お気軽にお声掛け下さい。
皆様のご来場心よりお待ちしております☆


c0222406_19464380.jpg

東京五美術大学連合卒業修了制作展
会 場 : 国立新美術館
    (〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
会 期 : 2015年2月19日(木)~3月1日(日)
     ただし2月24日(火)は休館
開館時間: 10:00~18:00(入場は17:30まで)
      ※入館無料

東京造形大学 ギャラリーツアー
日時:3月1日(日) 14:00〜15:00
場所:2階2A展示室(造形大学スペース)


Taro

[PR]
by zokei-chokoku | 2015-02-24 20:06 | たろうの眼差し | Comments(0)

*東京五美術大学連合卒業・修了制作展*

c0222406_16072521.jpg

教育効果と学生の制作意欲の向上を目的として始められた 東京五美術大学(東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学) 連合卒業・修了制作展を、東京・六本木の国立新美術館にて開催いたしております。
本学からは造形学部美術学科(絵画専攻・彫刻専攻)、大学院造形研究科美術研究領域(絵画・彫刻)の卒業・修了制作作品が展示されます。 五大学絵画・彫刻の卒業・修了制作作品が一堂に会して展示されますので、ぜひこの機会にご鑑賞ください☆


今年は陳列作業も皆の協力のおかげでスムーズに出来ました。
どんな展示会場になったのか、どうぞお楽しみあれ。
c0222406_16292789.jpg
c0222406_16294774.jpg
c0222406_16300348.jpg


会 場 : 国立新美術館
    (〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
会 期 : 2015年2月19日(木)~3月1日(日)
     ただし2月24日(火)は休館
開館時間: 10:00~18:00(入場は17:30まで)
      ※入館無料



更に、本学では絵画及び彫刻専攻の教授や学生による展示作品の解説、両専攻領域の概要を展示室内で説明する「ギャラリーツアー」を開催いたします!!

日時:2月22日(日)、3月1日(日) 14:00〜15:00
場所:2階2A展示室(造形大学スペース)

作品を制作した学生の話しや、それに対する先生方の意見などを聞く事ができる貴重な機会ですので、どなた様も是非ご参加下さい*


c0222406_16302513.jpg



[PR]
by zokei-chokoku | 2015-02-20 16:39 | 在校生の展覧会など | Comments(0)

大宮公園再発見-アートin氷川

本専攻非常勤講師 児玉士洋先生が参加している野外アートイベントが21日(土)から始まります。

大宮公園再発見-アートin氷川(平成27年は大宮公園130周年という事で、その記念事業の一環だそうです)

開催場所    埼玉県営大宮公園内 埼玉100年の森周辺

野外展開催期間 平成27年2月21日(土)〜3月15日(日)迄

c0222406_12542426.jpg


関連イベント

アーティストトーク
野外展出品者が自作の前で制作意図について語ります。

開催日:2月21日(土曜日)12時から13時

参加方法:開始時間までに、埼玉県立歴史と民俗の博物館(大宮公園内・さいたま市大宮区高鼻町4-219)のロビーに集合。参加無料。

アートガイド

東京造形大学講師で本野外展の企画構成者である小野寺優元氏が作品についてのガイドを行います。

開催日:2月28日(土曜日)、3月7日(土曜日)、3月14日(土曜日)13時から14時30分(雨天決行)

参加方法:開始時間までにギャラリー・エルポエタ(さいたま市大宮区高鼻町2-285-8)に集合。参加無料。

コンセプト小作品展

出品作家のコンセプトを示す小作品を展示します。入場無料。

開催日

パート1.:2月24日(火曜日)から3月5日(木曜日)まで

(出品作家・石坂孝雄、石田泰道、岩城和哉、金原京子)

パート2.:3月6日(金曜日)から3月15日(日曜日)まで

(出品作家・木村勝明、児玉士洋、岡野裕、野見山由美子)

月曜休

開催時間:11時から18時(初日と3月6日は13時から。3月5日と最終日は16時まで)

会場:ギャラリー・エルポエタ(さいたま市大宮区高鼻町2-285-8 電話048-644-9877)

c0222406_15194812.jpg
設置作業中の児玉先生

公園の中という事でインスタレーション系の作品が多いようです。
開けた野外での作品のあり方や見え方など考えるきっかけになるかと思います、
そろそろ暖かくなって来そうなので散歩がてら見にいってみてはどうでしょうか◎



[PR]
by zokei-chokoku | 2015-02-18 15:42 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

四美術大展〜日本画と彫刻を通して〜

本専攻2年生 宮城光太君が2月24日から始まるグループ展に出品する様です。
以下宮城君よりです。

【展示のお知らせ】

彫刻学科二年の宮城光太です
吉祥寺にあるギャラリー永谷さんにて、
「四美術大展〜日本画と彫刻を通して〜」を開催致します。
筑波大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、京都造形芸術大学の四人がそれぞれ日本画や彫刻を展示します。

c0222406_15464660.jpg

「四美術大展〜日本画と彫刻を通して〜」
会期:2015年2月24日(火)〜3月2日(月)
時間:11:00〜20:00(初日は12:00から・最終日は16:30まで)
場所:ギャラリー永谷
〒180-0004東京都武蔵野市
吉祥寺本町1-20-1 吉祥寺永谷シティプラザ1F
(JR中央線吉祥寺駅徒歩3分
吉祥寺ヨドバシカメラとなりになります)
備考:〔レセプションパーティ〕3月1日18:00~
*作家を囲んでの交流会を開きますので、是非ご参加下さい。

コチラ会場、作品展URLになります↓
 http://www.ntgp.co.jp/rentalspace/gallery.html

自分は彫刻作品を3.4点ほど展示致します。ほぼ毎日在廊しておりますので出会えた時はよろしくお願いいたします。駅から近いですがもし迷った場合連絡ください。すぐに駆けつけます!ご連絡は
4biart.nmmy@gmail.comまで。

では会場にてお待ちしております。
‪#‎4bi_art‬

お時間あれば是非!〜

[PR]
by zokei-chokoku | 2015-02-13 15:52 | 在校生の展覧会など | Comments(0)