<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

卒業生 展覧会のお知らせ◎


中西 信洋 Nobuhiro Nakanishi
“みえるものとみえないもの”

c0222406_1511217.jpg

展示風景:《Stripe Drawing-Transparent view》 2011、エングレービング/アクリル、200X400X1700cm、国際芸術センター青森  撮影:山本糾
(C)Nobuhiro Nakanishi, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


99年彫刻科卒業の中西信洋さんの展覧会のお知らせです。


[作家コメント]
私にとってのものを見ることとは  中西信洋

私は対象を観察して物体に置き換える塑像や描写という行為により得た経験から『ものを見るということ』について自覚したことが多くある。その体験の中で感じられたことに、「部分と全体」「ネガとポジの意識」「時間と記憶の集積」「視覚の触覚性」「身体の置き換え」などがあげられる。
私にとっての作品とはものを思考、認識する過程であり、世界の捉え方そのものであると言える。
中でも『身体の置き換え』は私にとってものを捉えるということの中心にある。例えばミケランジェロの彫刻を見る時、奴隷のポーズ、表面を覆う骨と筋肉の流れは私たちに同じポーズをしたときの肉体の痛み、拘束感を思いおこさせる。それは単なる肉体の痛みだけでなく奴隷の精神の痛みであり、また作者の感情のあらわれであるとも言える。私たちの視線と肉体は奴隷の肉体と精神に置き換わる事も出来れば、刻まれたのみ痕を通じてのみをふるう作者の力と感情に置き換わることもできる。人間がものを見るという行為は身体の置き場所を探る行為であるとも言える。
また、人体が彫られたり、描かれたりしたような具象的なものに留まらず、空間自体にも身体の置き換えや拡張が見られる。例えば、霧の出る寒い朝の風景などはものの輪郭、遠近、水平、大きさを曖昧にし、空間いっぱいに充満する水蒸気は遠くの山並みから網膜の表面にまで地続きに満ちていて、冷たい空気は皮膚の毛穴を刺激し、目や鼻や口の奥に入り込み、体の内部を感じさせ、身体の外と内との境界を曖昧にさせる。
このような風景の中では自分の身体は溶け出して水蒸気の間にかすかに見えるもののように断片化され、空間そのものに溶け出してしまったかのように感られる。このときの身体は具体的な対象に置き換わるのではなく漠然とした空間に溶け出した器官の様な存在として置き換わる。
このように視覚や皮膚感覚の経験を通じてあらゆるものに触れることの出来る人間の視線は細部を意識しながら同時に全体を眺め、取り巻く空間との関係の中でものの存在を意識する。視線を移動させながら常に見る事の出来ない向こう側を感じ、見えているものと見えていないものを同時に埋めていく行為を繰り返している。
これはただものを見ているというよりは神経と記憶と触覚を駆使し、全身で空間を捉えようとする行為である。


会期:2013年11月22日(金)~2013年12月21日(土)

時間:12:00ー19:00

休日:日・月曜、祝日

会場:ユミコ チバ アソシエイツ VIEWING ROOM-shinjuku
   東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿206
   Tel: 03-6276-6731

YUMIKO CHIBA ASSOCIATES
http://www.ycassociates.co.jp/jp/information/nobuhironakanisi_soloshow2013/

造形大学彫刻科の4年間で行う塑造の経験をへて、独自の表現へ展開された中西さんの作品を是非ともご覧下さい◎

彫刻の学生さんたちに、是非とも!!!










まい




[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-27 20:37 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

鞴祭り◎

今年も、石彫場の大掃除を兼ねた鞴祭りが行われました◎


鞴祭りとは、鍛冶屋や鋳物屋、石工など職火を扱う商売の守護神であるお稲荷様にその鞴(ふいご)の安全を祈願する行事のことです。
(ちなみに、鞴とは古代より金属の精錬や加工に欠く事のできなかった道具で、手や足を使って空気を送り込み炉の火力を増すために使われた手動送風機です。)


彫刻科では、火を取り扱う作業が多いので安全祈願を込めて清めて頂きました!


c0222406_15344892.jpg

お供え物も揃い、鞴祭りの準備も整いました!
↓しめ縄の後ろにある木の箱が、鞴です。石彫場で使う鞴とは、少し違いますね◎
c0222406_15315411.jpg

神主さんも来られ、式が始まりました。
c0222406_15343638.jpg

そして最後に、神様にお供えした御神酒をみんなで頂きます!
c0222406_15334030.jpg

c0222406_15331728.jpg

最後に、神主の落合さん巫女さんをしてくれた末松さん、ありがとうございます。
そしてお疲れさまでした◎
c0222406_1522122.jpg



鞴祭りに参加されたみなさん、おつかれさまでした^^







まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-22 17:15 | ダイガクの日々 | Comments(0)

『新具象彫刻展』レポート◎


『新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち』

今回は、展覧会のオープニングパーティー・シンポジウムの様子をレポートです◎



<オープニングパーティー>
展覧会初日、造形大学にてオープニングパーティーが行われました!

c0222406_1618538.jpg

出品作家
左から三木先生、浦野さん、麻田さん、舟越先生、奥田さん、山崎さん、中ハシさん。
造形大学時の学年順に、並ばれています^^(ちなみに、左から先輩順です)
c0222406_16164191.jpg

c0222406_16182748.jpg

奥田さんのセメントを使用した作品に興味津々な学生さんたち◎
セメントの型取り方法を丁寧に、学生に教えて下さってます。
c0222406_16181276.jpg

こちらも、麻田さんが自身の作品についてお話して下さいました。
c0222406_1618016.jpg

最後は、みんなで記念写真◎


<シンポジウム>
展覧会の関連イベントとして、シンポジウム「新具象彫刻展というのがあった」が開催されました。
パネリストとして、新具象彫刻展の歴代運営委員長の海崎三郎さん、吉江庄蔵さん、舟越桂先生、三木俊治先生、浅井健作さん、そして司会に中ハシ克シゲさんです。

c0222406_1621398.jpg

シンポジウムは、新具象彫刻展の成り立ちなどのお話から始まりました。
c0222406_16211953.jpg

展覧会の概要や時代背景などを踏まえたうえで、その中でどう変化してきたのかをお一人づつ作品のスライドを見ながら聞かせて頂きました◎
c0222406_16213318.jpg

当時の吉江さんの作品。
c0222406_16214060.jpg

当時の舟越先生の作品。
c0222406_16215121.jpg

最後は、質疑応答◎客員教授の板東先生からの感想です^^
c0222406_1622447.jpg

出展作家の奥田さんも、遠方から来て下さいました◎
c0222406_16221365.jpg

最後に、新具象彫刻展のみなさん^^お忙しいなか、講演のほどありがとうございました。

また、来場して下さった皆様、研究支援の皆様お疲れさまでした。



『新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち』12/7(土)までです。
まだまだ、期間もありますので是非ご覧になってください◎









まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-16 19:35 | ダイガクの日々 | Comments(0)

CSP1 : Lumiére -リュミエール  -見る、聞く、意識-

c0222406_15295276.png

CSP1 : Lumiére -リュミエール  -見る、聞く、意識-
c0222406_15295626.jpg



「CSP1 – Amplitude 場への働きかけ-」の関連イベントとして、CS LABにてレクチャーが行われます。
スピーカーに、本学彫刻専攻卒業の大畑周平さんと大畑さんの作品音楽を手がける阿部海太郎さん、そして保井先生を迎えてのレクチャーとなります◎



■スピーカー:大畑周平 (ゲスト)、 阿部海太郎 (ゲスト) 、保井智貴

■11月18日(月)17:30〜

■場所:CS-Lab

※参加費無料/学外の方もご参加いただけます!


概要
「からだの中に炎をともす」という叶わぬ願いから生まれた作品「Lumiéreーリュミエール」は、チョコレートに灯された「炎を食べる」という未知の食感を参加者全員で味わって頂きます。
会場に設置した長テーブル、ろうそくの灯りで映し出された空間、アコーディオンや、トイピアノなどによる生演奏が、食べる気分を高めていきます。
それはお祭りや何かの儀式に参加するような楽しい気分にさせてくれるでしょう。

アーティストの大畑周平が手がけるこのイベントが今月末から桑沢デザイン研究所で開催される「CSP1 – Amplitude 場への働きかけ-」11月29 〜 12月8日の関連イベントとして
12月7日に行われます。
それを前にCS-Labのレクチャーでは大畑周平と、音楽を担当する阿部海太郎を迎え「Lumiéreーリュミエール」についてのお話を伺いながら、普段から「見る、聞く、意識」について考えているお二人に、それぞれ表現者の視点からどのように考えているのかレクチャーして頂きます。






何方でも参加自由ですので、是非参加なさって下さい◎




まい

[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-16 15:50 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

CREATIVE SPIRAL PROJECT①

c0222406_13131162.gif



CSP(Creative Spiral Project) について

2013年年から始まったCSP(Creative Spiral Project)は、新たな美術の動向へ向けた展示とシンポジウムの開催、そしてその記録化を継続的に行うことにより、それが美術と教育の場への新たな契機となり反映となることを目指しています。

その運営は、東京造形大学美術学科教員と卒業生である美術作家、そして学外のプレス・リエゾンオフィスらがチームを組み担っています。展示は、東京造形大学附属美術館主催の学外展示企画として、桑沢学園の支援を得て計画されます。
本学の教育活動の特性と外部で展開するアートシーンから展示のテーマを検討し、本学卒業生でその流れの中に作家性を築いた複数の作家を取り上げていきます。
展示とともに開催されるシンポジウムは、ゲストのモデレーターと出品者のパネリストにより、展示テーマを軸にした議論の場となるでしょう。
この展示とシンポジウムの記録は、写真とテキストの小冊子と、web上での英訳を付したデジタルデータとしての記録化を目指しています。

また、CSPにおける活動は3年間を目処にまとまった記録集の編纂を計画し、このCSPの活動を検証できる機会を持ち、美術と教育の場へ何らかの影響を問い続ける活動として発展していくことを目指します。

2013年9月 生嶋順理(東京造形大学教授)


CSP1 - Amplitude 場への働きかけ -


会  期    2013年11月29日(金)ー12月8日(日)[会期中無休]

時  間    10:00 ~ 20:00 ※12月7日(土)はイベント開催の為、15:30閉場

会  場    桑沢デザイン研究所1階(東京都渋谷区神南1-4-17)

主  催    CSP(Creative Spiral Project)

出品作家   大畑周平、狩野哲郎、末永史尚、タノタイガ、辻直之、
       Mrs.Yuki(平嶺林太郎・大久保具視)

フライヤー・カタログデザイン   高田唯


■シンポジウム
『自分のつくったものが、他の文脈にたべられる事について』

 11月30日(土) 15:00 - 17:00

<登壇者> 大畑周平、狩野哲郎、末永史尚、タノタイガ、
     Mrs.Yuki(平嶺林太郎 大久保具視)  (五十音順)

<モデレーター> 粟田大輔

■レセプション

 11月30日(土) 18:00 - 20:00

■イベント『Lumiereーリュミエール』

日時:2013年12月7日(土)17:00〜20:00(16:30開場)

会場:桑沢デザイン研究所1階 東京都渋谷区神南1-4-17

参加費:2,000円

制作/出演:大畑周平 音楽ディレクション/演奏:阿部海太郎、演奏:中村大史 
企画:大畑周平、保井智貴
主催:CSP(Creative Spiral Project)

要予約:ご予約/お問い合せはevent.csp@gmail.com または会場受付


■出品作家

c0222406_1284810.jpg

大畑周平(1999 年東京造形大学美術学科/彫刻 卒業、2001年同大学研究生終了)

c0222406_1634471.jpg

狩野哲郎(2005年東京造形大学デザイン学科環境デザイン / 都市環境 卒業、2007年同大学院造形研究科美術研究領域修士課程 / 絵画 卒業)

c0222406_13133587.jpg

末永史尚(1999 年東京造形大学美術学科/絵画 卒業、2000年同大学研究生終了)

c0222406_13132097.jpg

タノタイガ(1997年東京造形大学美術学科/彫刻 卒業、同大学研究生終了)

c0222406_13132575.jpg

辻直之(1995年東京造形大学美術科/彫刻 卒業)

c0222406_131386.jpg

Mrs.Yuki(平嶺林太郎・大久保具視)(2006 年東京造形大学美術学科/絵画 卒業、2009年同大学美術研究領域修士課程 卒業)



詳しくは▶http://www.zokei.ac.jp/csp/index.html










まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-15 19:29 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

卒業生の展覧会お知らせ◎

中野浩二 「ワレァ デンデェ」
c0222406_11254254.jpg

c0222406_1123423.jpg


卒業生中野浩二さんの展覧会のお知らせです◎

■日時:2013年11月9日(土)〜11月30日(土)

    12:00〜20:00(会期中無休)

    オープニングレセプション11/9(土)17:00〜

■場所:ロイドワークスギャラリー

    〒113ー0034
    東京都文京区湯島4丁目6−12−1F

    TEL/FAX.03ー3812ー4712

    http://roidworksgallery.co.jp





まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-08 11:48 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち

c0222406_9311197.jpg

c0222406_9312287.jpg

新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち

舟越先生、三木先生の参加されている展覧会のお知らせです。


1976ー85年の10年間にわたり、「新具象彫刻展」という展覧会が行われていました。
美術大学卒業生を中心とした40人の若者たちが、従来の具象彫刻の概念を見つめ直し、改めて「具象」というものに向き合ったものでした。

今回「新具象彫刻展」に出品されていた多くの彫刻家の中から、造形大学出身の7人の彫刻家の表現活動に着目し開催される事となりました。

また、「新具象彫刻展出品作」「新具象彫刻展以降の作品」「近作」と3つの時点の作品が展示されます。



作品設置中に少しお邪魔してきました○
c0222406_14155394.jpg

c0222406_14161481.jpg

c0222406_154469.jpg

c0222406_14155760.jpg

c0222406_1416294.jpg


横山記念マンズー美術館/ZOKEIギャラリー/CSギャラリーと3会場で行われます。

また同時期開催展が、日本橋のギャラリー砂翁&トモスで行われます!








出品作家

麻田昭作 浦野八重子 奥田秀樹 中ハシ克シゲ 舟越桂 三木俊治 山崎豊三





<東京造形大学付属美術館>

■2013年11月4日(月)ー12月7日(土)

■10:00ー16:30 (入館は16:00まで)

■日曜、11月6日、7日、29日、30日休館  観覧無料


<ギャラリー砂翁&トモス>

■2013年11月11日(月)ー11月21日(木)

■11:00ー18:00 (最終は16:30まで)

■日曜閉廊  観覧無料  

ギャラリー砂翁&トモス
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル1F/BF

TEL 03-3271-6693

詳しくは▶http://www.jpin.co.jp/saoh/



<シンポジウム>
新具象彫刻展というのがあった

パネリスト/新具象彫刻展歴代運営委員長

■日時:2013年11月8日(金)
    
    17:30ー19:00

■会場:東京造形大学12号館[大学院棟]2F レクチャールーム

◎参加自由/事前申し込み不要











まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-02 15:05 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)