『生きる事、その揺らめき』

本学講師の藤森民雄先生の個展が、長野県の茅野市美術館で開催されます!!!


c0222406_13471373.jpeg
(以下抜粋)

藤森民雄展 生きること、その揺らめき

地域にゆかりの深い作家を紹介して来た茅野市美術館では、茅野市出身の彫刻家・藤森民雄(1954-)の展覧会を開催します。茅野市に生まれた藤森民雄は、東京造形大学彫刻科を経て、東京芸術大学大学院彫刻専攻を修了、1985年には31歳の若さで新政策協会会員に推挙されています。1997年からは横浜国立大学教育学部にて教鞭をとり、2004年より同大学教授を務めています。
藤森は、混沌とする現代社会において、自然界の一部である人間のありように目を向け、現代の不安や閉塞状態での人間の精神の解放、そして生命が持つ変化に満ちた時の流れをみつめる中で、現代における人間の精神のあり方を作品で提示しています。作品の多くは、粘土の素焼きでつくられたテラコッタで制作しており、故郷である茅野の遺跡で出土した土器群をはじめとする縄文文化が、その原風景にあります。藤森の作品からは、縄文土器と同様に、脈々と続く生命の流れを感じることができます。
本展では、初期作品から「解眠」「風蝕」「休息の午後」シリーズまでの約40点を厳選し、藤森民雄の表現とその軌跡をみつめます。


日時:2017. 8. 6. sun. 〜 9. 4. mon.
開館時間:10:00〜18:00
※8/6は10:30より開会式、終了後に開場
観覧料:一般500円
休館日:毎週火曜日

作家によるギャラリートーク:8/11 14:00〜、8/26 14:00〜


c0222406_13471948.jpeg

詳しくは、コチラ↓↓↓↓をご覧下さい!!


ツチヤ



[PR]
by zokei-chokoku | 2017-06-28 14:02 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku