Anonymous Paintings

本日はいつもと少し趣向を変えまして

絵画専攻助手 野内俊輔くんの展示お知らせです*

普段から制作の相談や意見交換をしたりする野内くん。
今回は個展という事で非常に楽しみです。
「絵画」や「支持体」というものの文脈を利用した作品郡は、単なる平面作品ではなくボーダレスに観る人を楽しませてくれます。
絵画とは何か、彫刻とは何か
新たな気付きに繋がる発見があるかもしれません。
是非是非足をお運び下さい◎

taro
c0222406_14475238.jpeg
c0222406_14475214.jpeg


Anonymous Paintings

野内俊輔 Nouchi SHUNSUKE

2016年7月2日(土) - 8月6日(土)

アルマスギャラリーでは7月2日から8月6日まで、野内俊輔の個展を開催いたします。

野内俊輔の制作において、自身と異なる時間を経た素材が重要な要素となっています。
古い家具などを破壊したものを、セロテープなどの仮設的な素材により補修した彫刻や、
古材に何層もの精巧な塗装を施すことにより、素材固有の経年変化を隠蔽し、
劣化した箇所と真新しい塗装面が共存する絵画的作品など、
常に破壊や補修、塗装による隠蔽を行き来する制作を行ってきました。

今展では、無名の絵画を入手し、その画面に塗装を幾層も繰り返した上で、
形成された塗装面を剥がした作品が提示されます。これまでの既存の画面を塗膜で隠蔽することに、
剥がすという行為を加える事により、古い絵具の層は新しい塗膜と共にはぎ取られ、
作者にも全く予想のつかない画面が生成されます。
キャンバスから根こそぎはぎ取られた部分、下書きが露出した部分、真新しい塗装面が残った部分が
一つのキャンバス上に共存し、地と図の区別も失い傷を負いながらも荒涼とした美しさをたたえています。

また、無名の絵画のシリーズにくわえ、木製のパネルに塗装を施した作品も展示予定です。
これらの作品もまた、固有の質感を塗装によって更新された状態が提示されます。

野内俊輔の初個展となる今展、ぜひお出かけください。

日時:2016年7月2日(土)-8月6日(土) 12:00-19:00 金土日のみオープン
opening reception 7月2日(土)18:00-20:00
場所:HARMAS GALLERY 


野内俊輔 Shunsuke NOUCHI

1988 福島県生まれ
2014 東京造形大学大学院美術研究領域修了

[個展]
2016 
Anonymous Paintings / HARMAS GALLERY /東京

[グループ展]
2016
「SICF17」spiral (東京)

2015
rgb+ exhibition vol.7 / 東京造形大学 ZOKEI-gallery (東京)
会津・漆の芸術祭2015 / 旧黒河内医院 (会津若松市/福島)
中之条ビエンナーレ2015 / 第三倉庫 (吾妻郡中之条町四万/群馬)
Raw-Structurez / HARMAS GALLERY (東京)
第一回 助手展 / 東京造形大学附属マンズー美術館 (東京)

2014
rgb+ exhibition vol.6 / 東京造形大学 ZOKEI-gallery (東京)
Flourish switch / mime (東京)
別名で保存する。 / HIGURE 17-15 cas comtemporary art studio (東京)
東京造形大学卒業研究・制作展 『ZOKEI 展 / 」東京造形大学 (東京)

2012
WALL FLOOR WINDOW / 東京造形大学 CS-gallery (東京)
福島現代美術ビエンナーレ 2012『SORA』 / 福島空港ビル (福島)
アートプログラム青梅 2012 ‒地への一雫‒ / 青梅市内 (東京)
Abflug2012 ‐創造の揚力‐ / TURNER GALLERY (東京)
東京造形大学卒業研究・制作展 『ZOKEI 展』 / 東京造形大学 (東京)

2011
union changing + / カヤバ珈琲 (東京)
アイムアダイバー / KOSHIKI ART EXHIBITION 2011 (甑島/鹿児島)

2010
camaboco / 東京造形大学旧絵画棟 (東京)
unknown / SPACE/ANNEX (東京)

2009
WONDER SEED2009 / トーキョーワンダーサイト渋谷 (東京)


[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-09 15:07 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku