ー | (plus) 展

展覧会のお知らせです*

造形大彫刻専攻の院生・卒業生が、麻布十番でグループ展を開催中です。

c0222406_14070600.jpeg


| (plus) 展

本展のテーマ 「 -I plus 」 は人や空間の交わりを表している 。 この春に大学を卒業し社会人になっても制作を続ける作家 。 大学院に進み就職活動をしているが制作を続けていこうとしている 作家。社会に出てなかなか制作のできない日々で 悩みながら も作ることをやめられない作家 o 子育てをし自分もまだまだ 続けていることを証明したい作家 。 少しずつ年代と環境が違う作家 が集められた 。それは展示で出会う新たな横へのつながりになる地平 = 「 – 」 。 作家たちの年代環境が1つ空間でつながる縦の線 = 「1」交わること で 「 plus 」 となる出会いをこの展示でつくり出したいと考える 。

【出品作家
市川さくら (東京造形大学 第46期)
齋藤みなみ (東京造形大学 第47期)
野上零大 (東京造形大学 第40期
三浦彩 (東京造形大学 第43期

【日時】
2016年7月6日(水)から7月11日(月)まで
11時から19時まで
※最終日は17時まで
入場無料
レセプションパーティー 7月9日(土)17時から

【会場】



是非ご覧下さい*



しおの・つちや

[PR]
by zokei-chokoku | 2016-07-08 14:17 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)
<< モデルを作る 2年生の工芸理論B紹介 >>