冨井大裕 daily composition デイリーコンポジション

本専攻非常勤講師 冨井大裕先生の個展が吉祥寺ongoingで開催されています。
c0222406_11060798.jpg
2014.08.20 [水] - 2014.09.07 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
出品作品について
今回展示するのは、近年続けている「今日の彫刻」と「ゴミ写真」のふたつのシリーズである。どちらも日常の風景を写真に収めているが、都市で生まれ続ける「野生の彫刻」を写真で記録した作品だと考えている。近年、彫刻についての反応を求められる機会が増え、それに答え続けた結果、ただでさえぼやけていた彫刻のイメージが更にぼやけるという事態が生じた。元々ぼやけていたのだから「まぁいいかな」とも思ったのだが、折角なので、ぼやけながらもかろうじて映る「彫刻」を記録してみようと思ったことが始めた動機であった。なんとなく始めてなんとなく続けている。はじまりは彫刻との関わりだが、目的は彫刻に限らない(ぼやけているのだから決められない)。人がものをつくってしまうということ。このことを考える為の行為として私の制作はある。(冨井大裕)



■■■
8月23日 (土) 19:00~
オープニングパーティー
「出品作も食べることができます」
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)

オープニングパーティについて
2012年の個展のオープニングパーティでは、参加者の皆さんに料理を素材として作品を制作して貰いました。この時の狙いは、料理を食べている時に我々は何をつくっているのかを考えることでした。今回は、料理をつくる/つくってもらっている時に、我々は何をイメージしているのかを考えたいと思います。Ongoingの調理を担当している愛美さんに、私が制作したマケットとドローイングの写真を送り、オープニングパーティには、それらを元にした愛美さん作の料理が登場します。どのような料理が出てくるかは不明。オープニングパーティ限定です。(冨井大裕)

■■■
8月24日 (日) 15:00~
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー
お好きなケーキとお飲物がついてきます
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)



■■■
9月6日 (土) 19:00~
トークイベント
「アンソニー・カロ再論ーテーブルピースからテーブルトークへー」
ゲスト:林卓行(美術批評、玉川大学芸術学部芸術教育学科准教授)/ 福居伸宏(アーティスト、写真家)

料金:1000円 (ワンドリンク+入場料、先着30名様)

ご予約は、info@ongoing.jpもしくは、0422-26-8454まで。
ご氏名、ご連絡先および、『9月6日(土)トークイベント「アンソニー・カロ再論ーテーブルピースからテーブルトークへー」』に参加希望の旨をお伝えください。
電話受付は、月曜と火曜をのぞく12:00~21:00まで受け付け完了は、メールにてお知らせいたします。※8月11日〜19日まで夏期休業ですので、電話受付はできません。

トークイベントについて
近年、彫刻という言葉が都合よく使われているように感じる。絵画と違い、明瞭かつ具体的なフォーマット(絵画における矩形や平面性)のない彫刻だが、それ故か言葉の響きは格別である(それ故に使われる?)。「彫刻ってなんでしょう」わからないのに使われ続けるこの理不尽な状況に私もとうとう加担してしまったのか。大事なことは、過去の遺産にもたれかかることではなく、現在を基準に過去と未来を見渡して、遺産を自由自在に合体変形、縦横無尽に連れ回し、徹底的に使いつぶすことではないだろうか。そんなことを考えて、昨年亡くなったイギリスの彫刻家アンソニー・カロについてのトークイベントを企画した。といっても、専門性に特化したレクチャーや議論の場ではない(そういう重要な機会はこれまでもあったし、これからもあるだろう)。カロの作品に惹かれている立体作家が、同様に惹かれているであろう批評家と興味がありそうな写真家をお招きして、彫刻の専門性や作家性からは外れた、言わば見たままの作品について語り合うトーク。ビールを飲みながら、ガチな議論とは違った言葉の応酬から、彫刻だけではない、他分野への彫刻言語の有効性を語り合う。優れた造形言語はその出自の専門性を超えた汎用性と有効性を持ち得ることを示す為のカジュアルな試み。アンソニー・カロはその為の理想的で強力な素材であり、彫刻はこの試みの為の呼び水である。(冨井大裕)

[PR]
by zokei-chokoku | 2014-08-28 11:47 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku