4人の夏休み展/「そこに在るものの声を聴く」

本専攻2006年卒業の本多絵美子さんが出展されている展覧会お知らせです。

c0222406_14472033.jpg
4人の夏休み展


画家 くまたにたかしと渡邊春菜の夫婦でのアートユニット いろ葉(名古屋)。彫刻家の本多 絵美子(東京)、 馬塲稔郎(東京)。
石川に集まった4人の作家による、夏休み展。のびやかに、健やかに、制作を続ける作家たちの作り上げる、優しく凛とした空間をお楽しみください。

展示会期中の8月16日15:00~21:00に開催される 山代温泉アートマーケットに木彫りワークショップブース出展予定


会期:2014年8月10日(日)〜8月31日(日)
   13:00〜24:00(最終日17:00まで)
   火曜定休 入場無料

GALLERY PANNONICA
〒922−0254 石川県加賀市山代温泉温泉道り31−4 楽歩館1F
(山代温泉通り商店街復興組合運営施設)


c0222406_14481666.jpg
夏休みファミリー企画
「そこに在るものの声を聴く」
c0222406_14482309.jpg
以前は小学校でも図工の時間に彫刻刀で版画を彫ったり、中学でも彫刻刀を使って作品を作るなど、木彫が授業に取り入れられていましたが、最近では子供たちが彫刻刀を使ったり、木彫に触れる機会が減りつつあるようです。
本企画展では、木彫作品を取り上げ、夏休みに親子で木と向き合う楽しさを体感してもらう事を目指しています。

私達の身の回りの生き物をテーマに制作をしている木彫作家・本多絵美子さんの作品を取り上げるこの企画展は、犬やウサギなどの動物の他に蜂や蜘蛛など身近な昆虫にも目を向けており、子供達にも親しみやすいと思います。普段は気に留める事もない私達の生活圏にいる生き物を見つめ直すきっかけとなるよう、1階と2階に分けて作品を展示しています。木彫により親しんでもらうために、今回は実際に作品に触れたり、ワークショップで木彫に挑戦してもらう機会も設けています。



<出展者コメント>
この展示では、私が初めて木で表現したいと想い制作した愛犬の彫刻から、現在までの年代様々な木彫刻が展示されています。

デッサンや彫塑をして彫刻を学び始め、初めて楠を彫って以来、木に触れること、木を彫ること、木にまつわることが私の生活の一部となりました。生き物の生活する世界、人間と生き物の関わり、人間の生活圏に入ってしまった生き物の生死、様々な生き物をテーマに作品を制作しています。

私の目を通して彫り出された形から、あなたの近くにいる小さな生き物にも出会えるかもしれません。どうかゆっくりとご覧ください。(本多絵美子)

c0222406_15103929.jpg
会期:2014年8月2日(土)〜9月29日(月)
   (最終日15:00まで)

展示室:2F 第4展示室

石川県立伝統工芸館
〒920−0936 石川県金沢市兼六町1−1(成巽閣隣り)
TEL:076-262-2020


お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください◎





まい





[PR]
by zokei-chokoku | 2014-08-05 15:34 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)
<< 人間展2014 SOUZOUKEI >>