4th Exhibition AGAIN-ST

教員、OBが参加している展覧会のお知らせです。

専任教員の大橋博先生、保井智貴先生。

非常勤教員の冨井大裕先生、OBの樋口明宏さんが参加されています。

c0222406_11122503.jpg

会期:2014年6月10日(月)- 6月20日(金)10:00 - 19:00 (土曜日10:00 - 17:00、日曜休館)
会場:東北芸術工科大学 7F Gallery

TALK LIVE
会場:東北芸術工科大学 7F Gallery
日時:6月20日(金)17:00 - 19:00

出品作家:入江早耶、大橋博、鈴木孝幸、土屋貴哉、樋口明宏、元木孝美、吉賀伸、冨井大裕、深井聡一郎、藤原彩人、保井智貴

テキスト:藤井匤、石崎尚

デザイン:小山麻子

展覧会主旨:
我々AGAIN-STの4回目となる本展は、初めて東京を離れ、山形の東北芸術工科大学にて行われる。彫刻の領域(初回)、首像(第2回)、壁面(第3回)に続く今回は「置物」をテーマに掲げ、これまでと同様に作家と批評家のゲストを招き、展示とトークライヴを通じて彫刻を考える場を生み出したいと考えている。置物という語は元来、室内装飾に用いられた道具を指していたが、江戸時代の終わり頃までには、人や動物をかたどった造形物を意味するようになる。そして今日では置物といえば、日本の彫刻がジャンルとしての純化を進めていく過程で取り除かれていったものとして認識されている。さて、今回我々が置物に着目するのは、行きづまりを見せている彫刻の現状から過去を振り返った時に、日本固有の立体表現という豊かなリソースから何かを吸収することを目論んでいる、からではない。そうではなく、かつて日本人の身体感覚と違和感なく共存していた彫刻のあり方として、置物の中にあったインスタレーションの要素を参照するためである。モニュメントを起源とする西洋の彫刻に、私的な小空間に依拠する置物を対置するのはたやすい。しかしながら理想的な公共空間も持たず、かといって伝統的な日本家屋にも住まない現在の我々が、一体どのような彫刻と生活空間の関係を想定しうるのか。この問題を真摯に追求していく時、無条件に前提としていた「自律的な彫刻空間」は、改めて問い直されねばならないだろう。


大橋 博 / OHASHI Hiroshi

image
1967年群馬生まれ。東京造形大学美術Ⅱ類卒業。東京芸術大学大学院文化財保存学科修了。現在東京造形大学准教授。近年の主な個展に (My Humble House / 台北・2010)、 (Y++ /北京・2012)、( Wada Fine Arts /東京・2013)、(METAL ART MUSEUM /千葉・2013)、(Fish art center /台北・2014)など。


冨井 大裕 / TOMII Motohiro
image
1973年新潟生まれ。1999年武蔵野美術大学大学院造形研究科彫刻コース修了。現在、日本大学芸術学部助教。近年の主な展覧会に「MOTコレクション つくる、つかう、つかまえる-いくつかの彫刻から」(東京都現代美術館/東京・2013)、「ニイガタクリエーション-美術館は生きている」(新潟市美術館/新潟・2014)。


保井 智貴 / YASUI Tomotaka
image
1974年ベルギー生まれ。2001年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。第 34 回中原悌二郎賞優秀賞受賞。2006年アート イン レジデンス The Jerusalem Center For The Visual Arts/エルサレム。現在、東京造形大学准教授。近年の主な展覧会に「色めく彫刻 -よみがえる美意識」( 群馬県立館林美術館/館林・2012)、「メグロアドレス-都会に生きる作家」(目黒区美術館/東京・2012)。


樋口 明宏 / HIGUCHI Akihiro
image
1969年東京生まれ。東京造形大学彫刻専攻卒業。東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。ドイツ国立Stuttgart美術大学留学。近年の主な展覧会に「見立て」(MA2Gallery /東京・2011)、「VERWANDLUNGEN」(カールスルーエ州立美術館 /ドイツ・2012)、「越後妻有トリエンナーレ」(新潟・2012)など。


東北芸術工科大学
〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
Tel : 023-627-2000

協力 : 東北芸術工科大学/東京造形大学 CS-Lab / MA2 Gallery/ MOA Creation(今井紫緒×長田堅二郎)/ YUMIKO CHIBA ASSOCIATES/ Gallery HAM

企画 : AGAIN-ST


[PR]
by zokei-chokoku | 2014-06-11 11:13 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku