ブロンズ 脱蝋中◎

昨日から彫刻棟では、ブロンズの脱蝋を行っています。
焼成窯をたて、2日かけて蝋型の蝋を流し燃やす作業をします。


焼成窯作り◎

石膏鋳型をなるべく隙間が空かないように、積んでいきます◎
c0222406_9391537.jpg

↑↑石膏の中には、蝋で作った原型・湯道(赤い蝋部分:ブロンズを流し込んだ時の通り道)が埋没されています!!
▷この蝋を2日かけて、燃やしきっていきます。
c0222406_11393100.jpg

耐熱レンガを敷き、ブロックを積み上げ、出来るだけコンパクトに窯をたてます!
c0222406_9395540.jpg

窯に隙間が空かないように、土で目処をします。
c0222406_9403126.jpg

窯が完成すれば、バーナーに火をつけ、しばらく火が安定するまで様子をみます◎
c0222406_940474.jpg

火が安定してきたら、窯への火入れです!!
c0222406_9512629.jpg

これから、1時間毎に温度の計測を行いゆっくりと700℃まで上げていく作業を行います!
c0222406_939390.jpg


脱蝋作業は、火気を取り扱うため十分に気をつけて下さいね^^

来週は、脱蝋をして中が空洞になった鋳型にブロンズを流し込む鋳込み作業です!
楽しみですね〜◎











まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-12-12 13:47 | ダイガクの日々 | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku