新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち

c0222406_9311197.jpg

c0222406_9312287.jpg

新具象彫刻展を出発点とした東京造形大学の出身者たち

舟越先生、三木先生の参加されている展覧会のお知らせです。


1976ー85年の10年間にわたり、「新具象彫刻展」という展覧会が行われていました。
美術大学卒業生を中心とした40人の若者たちが、従来の具象彫刻の概念を見つめ直し、改めて「具象」というものに向き合ったものでした。

今回「新具象彫刻展」に出品されていた多くの彫刻家の中から、造形大学出身の7人の彫刻家の表現活動に着目し開催される事となりました。

また、「新具象彫刻展出品作」「新具象彫刻展以降の作品」「近作」と3つの時点の作品が展示されます。



作品設置中に少しお邪魔してきました○
c0222406_14155394.jpg

c0222406_14161481.jpg

c0222406_154469.jpg

c0222406_14155760.jpg

c0222406_1416294.jpg


横山記念マンズー美術館/ZOKEIギャラリー/CSギャラリーと3会場で行われます。

また同時期開催展が、日本橋のギャラリー砂翁&トモスで行われます!








出品作家

麻田昭作 浦野八重子 奥田秀樹 中ハシ克シゲ 舟越桂 三木俊治 山崎豊三





<東京造形大学付属美術館>

■2013年11月4日(月)ー12月7日(土)

■10:00ー16:30 (入館は16:00まで)

■日曜、11月6日、7日、29日、30日休館  観覧無料


<ギャラリー砂翁&トモス>

■2013年11月11日(月)ー11月21日(木)

■11:00ー18:00 (最終は16:30まで)

■日曜閉廊  観覧無料  

ギャラリー砂翁&トモス
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル1F/BF

TEL 03-3271-6693

詳しくは▶http://www.jpin.co.jp/saoh/



<シンポジウム>
新具象彫刻展というのがあった

パネリスト/新具象彫刻展歴代運営委員長

■日時:2013年11月8日(金)
    
    17:30ー19:00

■会場:東京造形大学12号館[大学院棟]2F レクチャールーム

◎参加自由/事前申し込み不要











まい
[PR]
by zokei-chokoku | 2013-11-02 15:05 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)
<< 卒業生の展覧会お知らせ◎ CS祭最終日 >>