三木俊治先生の退職記念展のお知らせ

ちょっと先ですが!三木俊治先生の退職記念展が開催されます。






「111111 ― 行列のゆくえー」


会期(予定):2011年11月11(金)~ 11月30日(水)

休館日:日曜及び祝日
開催時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
入館無料

会場:東京造形大学附属美術館
(横山記念マンズー美術館・ZOKEIギャラリー・CSギャラリー)


主催:東京造形大学美術館委員会






【展覧会概要】

本展は3月に退職された、造形学部美術学科 三木俊治教授の退職記念展として開催いたします。

教授は教鞭をとる傍ら、彫刻家として長年にわたり作品を発表してきました。代表作の「行列」シリーズは、教授がインドで見た大群衆に感銘を受けたことがきっかけで生まれたものであり、人類の未来を示唆しています。

また制作活動だけでなく、著名な作家から若手まで、幅広い作家の彫刻・平面作品の収集も続けてきました。なかでも「若い作家の作品を購入することは教育の一環である」という教授の信念は、収集活動の主軸になっています。


本展では彫刻家であり教育者でもある三木教授初期の具象作品〜コレクション〜代表作である「行列」シリーズの流れを一堂に展示することで、教授のこれまでの半生を辿り、研究成果を学内外に紹介いたします。さらに「行列」シリーズなどの作品を通して、本学学生はもとより若い作家たちに対し、未来(進むべき方向性)への道標になる教育的展覧会を目指し開催するものであります。






※本展覧会の詳細は本学HP美術館情報にて適宜お知らせいたします。








ゆう
[PR]
by zokei-chokoku | 2011-06-03 14:51 | ダイガクの日々 | Comments(0)
<< 1年生・石の授業 マンズー美術館 >>