Draw the ground history.

「NO MAN'S LAND」での吉野祥太郎のスケジュールが決まりました。
以下のイベントにて、作品「Drawシリーズ」の汲み上げを行います。
今回は舞踏ダンサー"小倉良博 氏"とのコラボレーションイベントを行います。
サウンドはmooor.

日時:12月19日(土)19:00から
場所:フランス大使館旧庁舎 2F 庭
内容:「その土地の土を汲む」@フランス大使館旧庁舎
   日本の中のフランスであるフランス大使館が移転になるにあたり、誰もいなくなったその土地はまさに「No Man's Land」である。いま、その土地が生きてきた歴史が吉野祥太郎の作品により、小倉良博にの舞踏とともに地面から引き上げられ、フランス大使館旧庁舎に眠る歴史が汲み上げられる。

出演:小倉良博(舞踏家、アーティスト)、ほか。

また、12月7日(月)から12月20日(日)まで、フランス大使館旧庁舎にてオープンスタジオを開きます。
その期間は、数人のアーティストとのコラボレーションにより、作品を制作する現場を公開しています。

No Man's Land
会館時間:(木)(日)10:00〜18:00/(金)(土)10:00〜22:00
     ※入場は閉館時間30分前まで

休館日:毎週(月)〜(水)/12月31日(木)〜2010年1月31日(日)

住所:東京都港区南麻布4-11-44 東京メトロ広尾駅 徒歩7分

■「Draw the ground history.」 by Shotaro Yoshino @NO MAN'S LAND, French Embassy Japan.

  ・Performance and Work Complete Event with Yoshihiro Ogura
    2009.12.19(Sat) 19:00〜
  ・open studio
    2009.12.7(Mon) 〜 12.20(Sun)
    月・火・水は休館です。
    木・日曜日は18:00まで
    金・土曜日は22:00まで

パフォーマンスも入場無料なので、ぜひぜひ、お越し下さい!!

open studio の期間は現地にて制作していますので、お気軽に遊びに来て下さい!!差し入れ大歓迎!!

c0222406_1748291.jpg

[PR]
by zokei-chokoku | 2009-12-05 17:48 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)

東京造形大学 彫刻専攻のブログ


by zokei-chokoku