No Man's Land / 駐日フランス大使館

c0222406_15432258.jpg


フランス大使館が移転するにあたり、現在の敷地、建物を利用した展覧会 "NO MAN'S LAND"が開催されます。
吉野祥太郎が参加いたします。

キュレーターにはCartier現代美術財団の総合キュレーターを務めたHélène Kelmachter, Attachée Culturelle | エレーヌ・ケルマシュターさん。

 @ French Embassy Japan
一般公開:2009年11/26(木)〜2010年1月31日(日) ※入場無料

会館時間:(木)(日)10:00〜18:00/(金)(土)10:00〜22:00

     ※入場は閉館時間30分前まで

休館日:毎週(月)〜(水)/12月31日(木)〜2010年1月3日(日)

住所:東京都港区南麻布4-11-44 東京メトロ広尾駅 徒歩7分

今回は"DRAW"シリーズを展示いたします。展覧会会期中に、作品の引き上げを行ないます。ぜひ、お越し下さい。地面が持ち上がる迫力を感じて下さい。


以下、outline引用

Ambassade de France au Japon | 在日フランス大使館
Service Culturel | 文化部

Projet: No Man’s Land | No Man’s Land 企画
Commissariat général :| 総合キュレーター:Hélène Kelmachter, Attachée Culturelle | エレーヌ・ケルマシュター、文化アッタシェ
Coordination :|コーディネーター:Antoine Perrin | アントワーヌ・ペラン
Présentation du projet :| 企画紹介

--No man’s land : un projet original et atypique à l’Ambassade de France !

Après le déménagement des services de l’Ambassade de France dans le nouveau bâtiment à Hiroo, les anciens locaux accueilleront un grand projet artistique.

Intitulé « No man’s land », cet événement réunira des artistes français et japonais, reconnus internationalement ou émergents. Il sera ouvert au public du 26 novembre 2009 au 31 janvier 2010. Il offrira ainsi une occasion unique de découvrir les bâtiments de l’ancienne Ambassade de France avant leur disparition.

Les œuvres, pour la plupart créées spécialement sur place, envahiront tous les espaces intérieurs et extérieurs : bureaux, couloirs, archives, escaliers, sous-sol, jardins…

Certains artistes continueront leur création pendant toute la durée du projet, proposant ainsi une relation différente voire interactive à l’art. Tous les champs de la création seront au rendez-vous : des arts visuels à la mode, en passant par le design ou l’architecture. Atypique dans sa forme et son contenu, ce projet séduira le grand public, qu’il soit ou non amateur d’art. Des espaces d’accueil – petit café, librairie, espaces pédagogique proposant des ateliers pour les enfants – seront également aménagés.



「ノー・マンズ・ランド」

 フランス大使館が、現在建設中の新館に移転した後、現在の建物においてビッグなアート・イベントが開催されます。

 「ノー・マンズ・ランド」と題するこのイベントは、国際的に有名な、あるいは頭角を現し始めた、フランスおよび日本の多くのアーティストが参加します。 2009年11月26日から2010年1月31日まで一般公開されるこのイベントは、取り壊される前に現在のフランス大使館を見物することができる唯一のチャンスです。

 作品は、そのほとんどが現場で制作され、事務室、廊下、資料室、階段、地下室、中庭など、屋内外のあらゆる空間に展示されます。何人かのアーティストは期間中、ずっと創作作業を続け、鑑賞者とアートとの新しい関わり方や、インタラクティヴな関係を提案します。

 形式も内容も他に類を見ないこの企画は、ヴィジュアル・アート、ファッション、デザイン、建築など、あらゆるジャンルのアートが展示され、アート好きの人もそうでない人も魅了することは間違いないでしょう。カフェテリア、ブックショップ、子供向けのワークショップが行なわれる教育コーナーなども用意されます。

                                                                                                     エレーヌ・ケルマシュター
[PR]
by zokei-chokoku | 2009-11-18 15:43 | 教員・卒業生の展覧会など | Comments(0)
<< ブロンズ 早朝 >>